小児喘息の発作

小児喘息の発作は防ぎようがありません。小児喘息を知り喘息の子供を改善し守る為の実践プログラム。

小児喘息の発作 喘息の子供を改善

カテゴリ
小児喘息
   
記事
小児喘息の発作 防ぎようが無い小児喘息から子供を守る
   
小児喘息の克服にスイミング 体全体を鍛えて小児喘息を吹き飛ばせ
   
小児喘息の治療は家庭でも出来る! ご家庭で喘息を改善!
   
小児喘息に空気清浄機は効果はるが、改善ではない。望まれる改善!
   
小児喘息の症状を把握し、子供の辛い症状を早めに改善
   
小児喘息の改善をご自宅で「小児喘息を改善する実践プログラム」
   
   
リンク集
アレルギー対策 アレルギー体質改善法の決定版!「AG★フリー」
   
小児喘息の発作 防ぎようが無い小児喘息から子供を守る
広 告
幼児用ウィルス対策マスク 3層式ミニ不織布マスク50枚組HL-300【これこれ倶楽部】
   

小児喘息の発作に悩みを抱えているお母さんやお父さんは多いようです。


お子様が小児喘息の発作が起きたら、その苦しそうな症状を見ていると、

代わってあげたいと思うこともあるのではないでしょうか。


夜中に子供が喘息の発作を起こし、ゼーゼーした呼吸で苦しそうな症状を見かねて、

夜間救急指定病院や当番医の所に駆け込んだ事がある、

という方も少なくないのです。


夜中に発作を起こすことが多く、

ゼーゼーした苦しそうな呼吸で、

胸に耳を当てると、ヒューヒューというような

呼吸音が聞こえます。


また微熱、咳き込みなどがあり、

特にお母さんは不安になりますね。


喘息は最悪の場合、

死亡に至る場合もありますので、

注意が必要です。


小児喘息を発病する子供のうち、1歳までに発病するのは約30%ですが、

4〜5歳までに広げるますと80〜90%と殆どの子供が発症すると言われています。


発症した子どもの約50%は12歳〜13歳までには治っていきますが、

16歳以降に持ち越されますと治りにくくなり、

成人になっても発作を繰り返す可能性も高くなります。


小児喘息を発症してしまったお母さんは、

掃除などが行き届いておらずに責任を感じたりする方もいらっしゃるようですが、

完璧な掃除など絶対に不可能です。


生活する場において、無菌室のような環境など望めるはずもありませんし、

仮に無菌室状態で生活したならば体の抵抗力が無い状態ですので、

一歩も外に出られません。


綺麗にされていても、生活していればほこりなどは当たり前ですし、

ダニやカビなども当然のことながら当たり前で、

ペットがいれば勿論のことです。


確かに、布団などの寝具が清潔ではないことや、

家の中の掃除が行き届いていないとか、

ペットの細かい毛などが原因で発症する場合もありますが、

普通に生活していればどこのご家庭ででもおなじようなものです。


ですから、お子さんが喘息を患ったとしても、

お母さんは責任など感じる必要はありません。


小児喘息の症状をおこす引き金として

もっとも多いのが、かぜなどのウイルス

感染です。


従って、かぜの後にゼーゼーという

息の有無に注意してください。


小児喘息を引き起こす要因としては、

・両親のどちらかが喘息の場合 → その子どもの4人に1人

・両親が共に喘息の場合 → その子どもの半数が喘息になる


というデータがあり、

遺伝的な素質も関係していると考えられています。



更に小児喘息を引き起こす要因としては、

屋外の花粉や排気ガス、煙草の煙、

そして、食品添加物や薬などがありますので、

防ぎようが無い と言っても過言ではありません。



大切なのは、もしお子様が、

防ぎようが無い小児喘息を発症(発作)してしまったならば、

お子様を守るにはその対処を誤らないことが大切です。



喘息のお子様を改善する実践プログラム


このページのTOPに戻る
   
    
     
Copyright (C) 小児喘息の発作 喘息の子供を改善する実践プログラム All Rights Reserved